口座振替可能な格安SIM会社をチェック!

通信費を節約できる格安SIMが人気ですが、基本的に支払い方法がクレジットカードに限定されてしまいます。
口座振替に対応しているのは本当にごく一部の会社のみなります。さらにSIMのタイプによっては、口座振替に対応できない場合があります。

 

当サイトでは口座振替(銀行引き落とし)に対応した会社に絞って比較しています。
口座振替で少しでもお得に格安SIMを使いたい人の参考になれば幸いです。

格安SIM口座振替対応表

サービス ネット専用 通話対応
BIGLOBE
OCNモバイルONE ×

BIGLOBEが一番契約までがスマートでオプションも充実しています。
ただし、口座振替の場合は毎月の通信料に200円が手数料として加算されます。
通話対応SIMはすでにBIGLOBEのプロバイダー会員で支払い方法が口座振替になっていることが条件になります。

 

OCNモバイルONEはSIMを購入した後にカスタマーセンターに電話をして、口座振替の手続きをするための用紙を送ってもらう必要があります。手間がかかるのがネックとなっています。

BIGLOBEの料金プラン表

SIMタイプ 1GB 3GB 6GB 8GB 10GB
ネット専用 - 900円 1,505円 2,838円 3,790円
通話対応 1,600円 1,800円 2,405円 3,738円 4,690円

上の表の金額に毎月200円が加算されます。
BIGLOBEはオプションの公衆無線LANが無料で使えるのが人気の秘訣です。専用アプリをインストールすることで、自動で3GとWiFiの切り替えを行ってくれます。出先でWiFiが使える場所ならSIMのパケット通信量を節約できます。

OCNモバイルONEの料金プラン表

SIMタイプ 110MB/日 170MB/日 3GB 5GB 15GB
ネット専用 900円 1,380円 1,100円 1,450円 1,800円

OCNモバイルONEは1日ごとにパケット量の上限が決まっている珍しいプランが特徴です。
プラン変更は無料で何度でもできるので、日ごとが良いか月ごとが良いかを把握して、自分に合ったプランにできるのが魅力です。15GBプランは料金が安くなっていますが、速度が500kbpsの低速タイプになるので正直微妙です。

口座振替で一押しの格安SIMはBIGLOBE

BIGLOBEは口座振替の手数料として毎月200円がプラスされますが、メインの3GBプランでもOCNモバイルONEと変わりません。手続きの簡単さ、開通までの時間を考慮するとBIGLOBEの方がおすすめです。

 

⇒BIGLOBEのお申し込みはこちら

口座振替可能な格安SIMはどんどん少なくなる?

クレジットカード払いと比べて口座振替は料金の未納率がどうしても上がります。企業としては回収率も上げていかないといけないので、口座振替の受付を終了するのも仕方ありません。

 

楽天モバイルではデビットカードでの支払いに対応していましたが、3月17日からクレジットカード払い限定になってしまいました。これで通話対応SIMで条件無しで口座振替可能な会社は無くなってしまいました。

 

まだBIGLOBEとOCNモバイルONEが口座振替可能ですが、いつ受付を終了するかも分かりません。口座振替で格安SIMを検討中の方は早めのお申し込みをおすすめします。